Works

長崎キャンプ
デイケア

生活訓練の一環として洗濯、調理、買い物、掃除など自立した生活を送るために必要な訓練を利用者の仲間と協力して行っています。

講演

県内の中高、専門学校および各種団体からの依頼により薬物乱用防止の講演を積極的に行っています。

依存症回復支援セミナー

薬物乱用、依存などで問題を抱える当事者、家族の方々や、一般の方々、関係施設、病院関係者などに向けて依存症からの回復についてのセミナーを行いました。

DARCフォーラム、自助グループ集会

他の回復施設のフォーラムや自助グループの大規模な集会などに参加し、様々な地域の依存症のメンバーや社会復帰したメンバー達との交流を深め、回復を目指します。

プログラム風景

ミーティングやグループワークを通して自分の過去や問題点と向き合い、薬物を使わない生き方を目指します。

スポーツプログラム

様々なスポーツに取り組んでいます。フットサルでは他の回復施設との交流試合も行っています。心と身体の健康を構築していくことを目的としています。

フリープログラム

利用者のみんなで話し合って何をするか決めます。薬物を使っていない状態で楽しむことや感動することなどを経験してもらうのが目的です。

キャンプ

年に2,3回ゴールデンウィークなどの大型連休を利用して行っています。フリープログラムと同じく薬物を使っていない状態で満喫してもらうことが目的です。

川掃除、バザー

近隣の川掃除、地域のイベント(バザーなど)のお手伝いを行い、地域との連携を深めています。

料理

利用者で調理を行い、その後一緒に食事をとります。材料の買い出し、自炊など今後の自立に向けての効果が期待されます。

自助グループ

退所後も薬物をやめ続けられるよう自助グループへ通う習慣をつけてもらいます。

グループホーム(天祐)

共同生活の中で安全に回復プログラムに参加出来るように、そして仲間と生活し薬物を使わない新しい生き方を地域の中で練習しています。

グループホーム鍋島

2017年に開設したグループホームです。

諸富ナイトケア

諸富町にあるナイトケアです。

Newsletter

ニュースレター39号

No.39

Read more...
ニュースレター37号

No.37

Read more...
ニュースレター36号

No.36

Read more...

献金・献品のお願い

佐賀DARCをいつもご支援くださり、ありがとうございます。苦しんでいる依存症者に、回復のチャンスと場を提供していくため、みなさまの資金的なご支援が必要です。ご支援、ご協力をなにとぞよろしくお願いいたします。

入寮施設での食糧(コメ、調味料、油、コーヒー、砂糖)、日用品(洗剤、タオル、シャンプー、リンス、せっけん)の献品も引き続き募っています。

※原則として、郵便局で受け取る振込金受領票の写しを以て領収書に代えさせていただきます。

郵便振替

口座番号 :01750-9-123470
加入者名 :佐賀ダルクを支援する会

佐賀DARC